毎年5月3、4日は 福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり

博多どんたくとは

国選択無形民俗文化財 博多松ばやしについて
matu_photo_01 matu_photo_02
matu_photo_03 matu_photo_04

博多松ばやしは四つの流れで形成されており、どんたくパレードの幕開けを飾るほか、市中を祝って廻る。 福神は福禄寿に因んで、張り貫きの長い頭をかぶり、福神の面をつけ、白無垢の上に黄絹の打ち掛け、手に唐うちわ。馬にまたがる。 恵比須は珍しい夫婦恵比須。男恵比須は烏帽子をかぶり、恵比須の面をつけ、右手に釣りザオ、左わきに大ダイを抱き、錦のそでなし羽織姿で馬に乗る。女恵比須は天冠をかぶり、左手に玉を抱く。桧扇を手に赤いはかまで馬に揺られる。 大黒は黄絹の頭巾をかぶり、大黒の面。緞すの服に白ばかまで大きな紗金袋を背負う。手には打ち出の小ヅチ。米俵を左右につけた馬に乗って進む。どの馬も、カミシモ、たっつけ姿の男たちの一団に囲まれ、それぞれの行列には力サボコ各三本がつく。 稚児は天冠をかぶり、舞衣に緋のはかまをはいた少女を乗せた棧敷台を引く。要所要所で地謡い、ツヅミに合わせ優雅に舞う。これにも一団の大人たちが付き添う。

日時 5月3日~4日 9時~17時
場所 市内一円
内容 国選択無形民俗文化財「博多松ばやし」の三福神(福神・恵比須・大黒)の3流れと稚児流の合計4流れが市中を祝って廻る。
お問合せ 博多松囃子振興会事務局 TEL(092)291-6381

博多松ばやし

2014/1/15

博多どんたく港まつり
博多どんたく港まつり