毎年5月3、4日は 福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり

博多どんたくとは

ぼんち可愛いや

「ぼんち可愛いや」とは

「ぼんち可愛いや寝んねしな 品川女郎衆は十匁
十匁の鉄砲玉 玉屋が川へスッポンポン」。

これはしりとり歌で、江戸で流行したのは幕末かららしい。「品川女郎衆は十匁」の歌詞から『国々色里あたい付』をみると、品川は文化・文政頃がこの値段になっている。この歌の元文は長く「牡丹に唐獅子、竹に虎、虎を踏まえた和唐内…」から始まって延々と続く。そして最後のところに「坊やはよい子だ寝んねしな、品川女郎衆は十匁…」と出てきて、この後にも歌は続く。これが「ぼんち可愛いや…」と大阪言葉に変わったのは明治になってから。
博多の河原田平兵衛さんが菓子の修行に東京栄多楼に弟子入りし、職場で歌を覚えて帰り、博多下呉服町で栄松堂という菓子店をひらいた。それまでどんたくの道囃子は地唄の『黒髪』『おりてゆく』などの合の手を弾いていたが、日露戦後のうきうきムードの中では地味すぎた。そこで平兵衛さんがこの歌に東京の”さわぎ”を道行風に編曲し、現在の『ぼんち可愛いや』になった。
「一度は気やすめ二度はうそ」「もうしもうし車屋さん」の歌詞は大正時代の中期に作られた。

ぼんち可愛いや

どんたくメインテーマ「ぼんち可愛いや」の新バージョンの音源

各曲とも1分の視聴版となります。
曲名をクリックすると別窓でプレイヤーが開きます。
曲の読み込みに時間がかかることがございます。ご了承ください。

編曲:日下部徳一郎
指揮:藤重佳久
演奏:精華女子高等学校吹奏楽部
制作:福岡市民の祭り振興会 若者委員会

編曲:日下部徳一郎
指揮:藤重佳久
演奏:精華女子高等学校吹奏楽部
制作:福岡市民の祭り振興会 若者委員会

編曲:日下部徳一郎
指揮:藤重佳久
演奏:精華女子高等学校吹奏楽部
制作:福岡市民の祭り振興会 若者委員会

2014/1/15

博多どんたく港まつり
博多どんたく港まつり